大腸がんを予防する秘訣【医療ガイダンス】

男女

便秘を改善

医者と患者

原因因子

大腸がんはがんの中でも比較的多くの方が罹患します。主な原因として便秘や油っぽい食事の食べ過ぎが言われています。よって男女とも発症しやすいのですが、特に女性に多いとされています。よって便秘を解消することが予防になります。便秘には薬による副作用のものと食物繊維や腸内細菌のバランスが崩れているために起こるタイプに大きく分類できます。薬の場合、薬をやめて数日立てば元に戻ります。しかしやめることができない場合、酸化マグネシウム製剤が病院で処方されます。生活習慣によるものでは食物繊維や運動、適度な脂分の摂取が大切です。大量の油は大腸がんの発がんリスクになりますが、少量であれば潤滑油として働くため便秘解消に役立ちます。

少し厄介ながん

大腸がんの症状として血便等がありますが、これといった特徴的な症状はありません。大腸の働きは水分の吸収と栄養分の再吸収があります。よって大腸がんは比較的早期に全身転移しやすいがんの一種です。転移していない場合簡単に切除でき、再発のリスクはあるものの健康的な生活が遅れます。しかし転移してしますとなかなか完治が難しくなります。血液に乗り全身にがんができてしまうと余命は短くなります。つまり早期発見が大切です。早期発見のために人間ドックに行く以外に少し専門的な血液検査で調べることができます。何かの検診の時に一緒にしてもらうと保険で通ることもあります。通らない場合でも血液検査はさほど高くないので年に1度の受診をお勧めします。