大腸がんを予防する秘訣【医療ガイダンス】

男女

定期的な検査で予防する

入院している女性

早めに確認していく方法

日本人に急増している大腸がんは、腸の中でがんができてしまうことで増殖してしまう可能性があります。こうなる前にいち早く発見していくことが必要なので、定期的に検査を受けていくことがおすすめです。大腸がんの検査は、内視鏡を使って直接腸の中を調べていく方法がより正確で結果も早く出ます。この検査を行っているところは、消化器科や検診を専門とする施設などがあります。大腸がんの疑いのある人や、そうでない人でも幅広く受診していくことができます。最近の大腸がん検査では、痛みを極力抑えた方法が行われるようになってきました。小型のカメラが付いたスコープを肛門から挿入していく検査ですが、入れやすいように専用のクリームなどで挿入時の摩擦を防いでいきます。しかし、デリケートな部分なので抵抗を感じる人も少なくありません。そのため、局所麻酔が使われることもあり、全身麻酔で睡眠中に行えるところもあるので、これで安心して受けられるメリットがあります。このように、抵抗を少なくした大腸がん検査が人気となっているのです。

検査前の食事内容に注意

この大腸がん検査を受けていく前に、注意事項があるのでそれに従わなければいけません。よくあるのが食事内容で、前日または前々日から食べるものを制限していくことです。検査前は腸内を洗浄したり、下剤を使って便を排出するなどして、腸の中をきれいにしていくことになります。けれども、前もって便が残りやすい可能性を低くしていくために、消化しにくい食事は避けなければなりません。主に制限される食事は、甲殻類、そして野菜全般や豆腐以外の豆類などがあります。他にも一部の芋類などがあり、検査するところによって指定されるものが違う可能性も出てきます。このような食事を検査前は控えていくようにし、前日には早い時間に食事を終えることも大切です。大腸がん検査は鮮明に腸内を調べていくことが目的なので、検査の支障とならないように気を付けていくようにします。